川越氷川神社の初詣は、地元のみならず、遠方からも参拝に訪れる人で賑わい、毎年16万人前後の参拝客であふれかえります。

川越氷川神社の初詣「元朝祭 新年開運大祈願祭」は、年明け1月1日から11日までという特別の時期に行われ、家内安全・厄除け・交通安全・商売繁盛・身体健全・学業成就・心願成就・諸災消除などあらゆる願意を叶えるとされており、氷川神社に江戸時代から伝わる(昨年の元旦に祈願して頂いた際、宮司さんが仰っていました)、最も貴い祈願祭です。


川越氷川神社

もののふ庵も例年、開運大祈願を受けて特大の神札を領ち頂いています。

当日の受付時間は

大晦日……午後11時より
元 旦……午前零時より午後7時まで
          (但し午前2時40分から午前6時までは休止します)
2日・3日 …午前9時より午後7時まで
4日以降 …午前9時より午後5時まで

となっています(要確認)。

初穂料は個人の場合5000円からとなっています。


また、元日0時より3時までに祈願を受けられた方に、参拝帰りの夜道をほのかに照らす「手持ちぼんぼり」をお領ち頂けます(数量限定、300組まで)

この手持ちぼんぼりは、残念ながらもののふ庵は今だゲットしていません。。。

また、 正月3が日は、授かると一年間福に恵まれるという「福銭」を領つ福銭撒き が行われます。

元日: 0時30分
1時00分    
13時00分    
 
2日: 11時00分
12時00分
13時00分
 
3日: 11時00分
12時00分
13時00分

(時間は要確認)

もののふ庵は昨年、幸運にも福銭撒きで福銭をゲット出来ました。

川越氷川神社 福銭撒き

また、川越氷川神社と言えば縁結びの神様。

そして、川越氷川神社が全国的に有名になったのは、1日限定20体のみ頒布される、巫女さん手作りの縁結び玉にあります。

川越氷川神社 縁結び玉

土日にははるばる遠くから縁結び玉を求める人で行列ができ、手にするのは難しいですが、お正月の三が日は、午前八時から正午まで、一時間ごとに二十体頒布されます。

福銭撒きの福と、縁結び玉の良縁とを求める人で賑わう川越氷川神社の初詣「元朝祭 新年開運大祈願祭」、良い年となるよう、皆で願いましょう。