安倍総理が言及したことで、一躍日本中に名が知れ渡った感のある桃太郎ジーンズですが、桃太郎ジーンズといえば、国産最高級ジーンズ、国士無双の最強ジーンズです。

もののふ庵は先日、そんな桃太郎ジーンズの工場見学ツアーに参加する事が出来、普段は決して見る事の出来ない企業秘密がいっぱいの縫製工場等を惜しみなく見せて頂くことができました。

鶴の工房 手織り機

~参考~

桃太郎ジーンズの鶴の工房に現代の職人魂を見た

桃太郎ジーンズをどこで買うか?で一番大事なことは

やっぱり桃太郎ジーンズが好き

桃太郎ジーンズのシャツが想像以上に凄い件について

桃太郎ジーンズのジャケットを完全チェック!!

桃太郎ジーンズのオーダーペイントに花束を

桃太郎ジーンズはなぜ流行るのか

これが桃太郎ジーンズだ!!

桃太郎ジーンズの素晴らしさ

今回は、そんな桃太郎ジーンズの「和」の部分とでも言いましょうか、藍染の「藍」を育てている藍畑を見学してきた模様を綴ろうと思います。

尚、これから綴っていくレポート記事には、多数の店内写真、或いは工場の写真がありますが、本来、桃太郎ジーンズのお店は撮影NGです。

今回だけ特別に撮影の許可をいただいていますが、普段は撮影禁止です。

今回のツアーのみの特別の許可を頂いての写真ですので、画像の転載はご遠慮下さい。

桃太郎ジーンズの藍畑

もののふ庵が、最強ジーンズの桃太郎ジーンズと出会ったのは、宇都宮で開催されていた「日本の職人展」でした。

~参考~

NEXTブレイクは桃太郎ジーンズで決まり!!

桃太郎ジーンズを購入しました!!

桃太郎ジーンズの色落ち

桃太郎ジーンズのトップス

「日本の職人展」に桃太郎ジーンズが招聘されていた事で解るとおり、ジーンズというと、アメリカンなイメージがありますが、桃太郎ジーンズの場合は、「和風」を良い感じに体感できます。

桃太郎ジーンズ 藍染ベスト

上の写真は、もののふ庵のお気に入り、自慢の桃太郎ジーンズの藍染のベスト。

この桃太郎ジーンズの藍染のベスト、メチャメチャ好評です!!(ただ、「似合ってるね!!」というコメントがないのが腑に落ちないのですが。。。)

天然藍で、手間と時間をかけ、ゆっくりと染め上げられた桃太郎ジーンズの藍染。

桃太郎ジーンズの藍畑は、児島味野本店のすぐ脇に、こんな感じでありました。

桃太郎ジーンズ 藍畑

桃太郎ジーンズ 藍畑

このビニールハウスの中で、藍を自然発酵させていたのです。

桃太郎ジーンズ 藍

こちらは大きな亀の中に入った「藍」。

実は・・・今回のツアーでひとつだけ残念だったのが、この藍染で、通常ですと藍染の体験ができるのですが、ツアーの時は寒さが原因で藍染体験が出来ず。。。

藍染の難しさというか・・・「藍」の管理は、毎日朝晩2回、藍を混ぜて様子を見、時には酒などの糖分を足してやったりしながら、藍の状態を保っているそうで、藍が生き物だという事をまざまざと感じさせられました。

この藍畑は、ぜひもう一度、藍染体験を含め、見に行きたいところだなぁ、と思っています。

藍の標準22色

桃太郎ジーンズ 藍染め

一言で藍染といっても、実はいろいろな名称が有り、上の写真は、その藍染の標準22色となります。

う~む・・・こうしてみると、濃紺というのは、黒に近く見えますね。。。

この濃紺に至るまでの染め色の一つ一つに名前が付いているあたりが、実に「和」というか、日本の文化を感じるなぁと思っていただけると思います。

桃太郎ジーンズ 藍染め模様の自販機

因みにこちらは桃太郎ジーンズ藍畑の前にあった自動販売機。

側面に描かれているのは、藍染の作業シーンですね。

う~む・・・藍染体験したかったなぁ・・・。

桃太郎ジーンズ 藍染ベスト

藍染体験は次回の訪問時の宿題!!と思うと、なんか自分の藍染ベストが一層自慢に思えてくると共に、ここまで染め上げるのは、本当に大変な手間ひまがかかっているんだろうな・・・と改めて思いました。

桃太郎ジーンズの藍畑からの伝言・・・「和」の伝統工芸の素晴らしさ、藍染という日本が世界に誇る伝統的「美」を、毎日身に纏える喜びを実感し、その伝統の重さを感じながら、もののふ庵は桃太郎ジーンズの藍染のベストを愛用しています。

桃太郎ジーンズ 出陣 パーカー

上記写真は当サイト十回目の登場となる、今回のツアーを企画して下さったN女史の麗しき後ろ姿。

ジーンズ、トップスともに桃太郎ジーンズの出陣レーベルで、ジーンズの後ろポケットにはWEB限定カラーのオレンジの二本線が、そして、トップスも腕の二本線が輝いています。

もし、パリのオペラ座で「白鳥の湖」に魅入っているこの後ろ姿を発見したら、白鳥を踊るバレリーナには見向きもせずに、この後ろ姿を抱きしめますね!!(←あほ)

そして、耳元で囁きます。「貴女は私の白鳥、プリマドンナです」と。(←どアホウ)