嬉しいニュースを目にしました!!

安倍総理も言及した日本が世界に誇るデニム、国産ジーンズの桃太郎ジーンズ!!

なんと、その桃太郎ジーンズの地元、岡山県の県議会において、地元のジーンズ(地産地消でのジーンズ)を着用する様、議員全員、県職員全員に通達されたそうなんです!!

桃太郎ジーンズ 看板

今回の件は、岡山県の県政による英断と称賛されるべきでしょう!!

岡山県の名産・桃太郎ジーンズ

桃太郎ジーンズ 手織り機

上の写真は桃太郎ジーンズを作るべく、パッタンパッタンと手織機でデニムを織っている所です。

幸運にももののふ庵は、先日、この桃太郎ジーンズの普段は公開していない工場等を見学するツアーに参加する事が出来、その岡山県の誇り、桃太郎ジーンズの製作過程を見る事が出来ました。

~参考~

桃太郎ジーンズが想像以上に凄い

桃太郎ジーンズの藍畑からの伝言

桃太郎ジーンズの鶴の工房に現代の職人魂を見た

桃太郎ジーンズをどこで買うか?で一番大事なことは

やっぱり桃太郎ジーンズが好き

桃太郎ジーンズのシャツが想像以上に凄い件について

桃太郎ジーンズのジャケットを完全チェック!!

桃太郎ジーンズのオーダーペイントに花束を

桃太郎ジーンズはなぜ流行るのか

これが桃太郎ジーンズだ!!

桃太郎ジーンズの素晴らしさ

デニムというと、アメリカというイメージが有りますが、上記写真でお解り頂けます通り、桃太郎ジーンズに於いてはまさに「和」!!(注・現在、このように手織で織られたデニムを使って作られるのは、桃太郎ジーンズのオーダージーンズのみだそうです。)

因みにもののふ庵が桃太郎ジーンズを知ったのは、桃太郎ジーンズが宇都宮で開催されていた「日本の職人展」に招聘され、展示即売を行っていた時でした。

~参考~

NEXTブレイクは桃太郎ジーンズで決まり!!

桃太郎ジーンズを購入しました!!

桃太郎ジーンズの色落ち

桃太郎ジーンズのトップス

「日本の職人展」に招聘される職人技、そして、この職人さんの掌が伝わる製品だからこそ、桃太郎ジーンズは世界に広がり、パリジェンヌの心をがっちりとつかんだのでしょう!!(注・成長戦略第二弾で安倍総理が言及した桃太郎ジーンズ。フランスに於いて大変な人気となり、海外での売り上げが倍増したとし、安倍総理が桃太郎ジーンズの名を挙げられました。)

これは桃太郎ジーンズの手織りを担当している職人さんに教えて頂いたのですが、パッタンパッタンとデニムを手織している職人さんが、桃太郎ジーンズの社長さんに「手織りジーンズは時間が掛かり過ぎます」と言ったら、「こんなバカげていると思われる事を大切にしていきなさい」と言われたそうです。

移り変わりの早い世の中、流行りすたりの現代で、本当に残して行かねばならないモノ、護らなければいけないモノ、本当に大切にすべき事が凝縮された至言ですね!!

桃太郎ジーンズ 銅丹003 後ろポケット オーダーペイント

上の写真はもののふ庵の桃太郎ジーンズ「銅丹」

まさに岡山県の地元産業として誇るジーンズで有り、私たち日本人が世界に誇る日本のジーンズで有ると言えます。

故郷との絆

東日本大震災で被災した我が故郷・・・震災後、福島原発等の風評被害もあり、被災地の農作物が売れないという社会現象が起きてしまいました。

福島県の県境のサービスエリアでは、被災地のお土産が大量に捨てられているという、本当に・・・ただただ泣けてくるようなニュースも流れました。(注・被災地に応援等で行って、被災地のお土産を貰ったモノの、福島原発の影響で、それを持ちかえるのがイヤな人たちが、貰ったお土産を福島を過ぎたあたりで捨てていたそうです。)

もののふ庵も昨年帰省した折に、福島のサービスエリアの出店、駐車場のすぐ目の前の売店で焼きシューマイ串を購入したのですが、売店のおばちゃんが「あら~、東京から来たのに買ってくれんのすか~!!ありがどうね~!!」と温かい東北弁で喜んでくれ、そして「よがったらこれも食ってけさい」と言っておにぎりをサービスされた事が有りました。

私には想像もつかないであろう偏見と闘っているその姿、そして、シューマイを買った事をこれだけ喜んでくれた姿に、自分が東北人であり、帰省する途中という事が言えず、喜んで食べる事が最高の励ましになると思い「良いんですか?有難うございます!!嬉しいです!!」と笑顔と標準語で答え、美味しそうにほおばり、そして、車に戻り・・・涙が止まる事無く溢れた事が有りました。。。

震災後、何度か故郷に帰り、そしてその都度宮城県庁を訪れ、少しずつですが、故郷の復興の為にと寄付をしてきました。

震災前からなのか解りませんが、宮城県庁のロビーでは、毎日地元の名産品が販売されています。

私にはどれも懐かしい故郷の味。。。

ですが、東北特優の濃い塩味、故郷の味が少ししょっぱく感じるようになった自分の舌に驚きつつ、大学入学と共に故郷を去り、そして、故郷を去ってからの時間の方が長くなったんだな・・・と感慨深く思ったりしていました。

帰省するたびに、故郷で県庁に奉職し、県政、そして震災からの復旧、復興の為に頑張っている友人と話をしていますが、なかなか道のりは遠く険しいようです。

我が故郷の名産品が、再び喜ばれる日は・・・いつになるのか。。。

今回の震災で、「絆」が大変にクローズアップされました。

サンドウィッチマンという同郷の芸人さんがいるのですが、震災後に知ったのですが、彼らは東京を拠点に活動しているモノの、故郷への恩を常に胸に刻んでいて、例えばですが、利用している銀行等も全て仙台の地方銀行だったそうです。

その話を知った時、このような地元を大切にする事、小さな事かもしれないですが、故郷との絆を慮り、大切にしていく事こそが大事で、それにより日本は更なる発展、本当の意味での経済大国、心の経済大国になれるのでは、と思った時でもありました。

今回の岡山県の英断、私は心から応援したいです。

県議会でジーンズ・・・と、最初は反対意見も出るかもしれません。

ですが、地元の発展の為に、何処に不都合が有るでしょう??

着ているモノで、その人の価値観が変わるかのように考える方がおかしいのではないでしょうか??

地元を盛り上げる為に、県政が引っ張り、官民一体となって成長していく素晴らしい感動的な場面に繋がるのではと期待します。

我が故郷も・・・県庁職員がイーグルスやベガルタのユニフォームを着てて、良いと思いますよ!!

桃太郎ジーンズ 出陣 パーカー

上記写真は当サイト十七回目の登場となる、前述のツアーを企画して下さったN女史の麗しき後ろ姿。

ジーンズ、トップス共に桃太郎ジーンズの出陣。

我が故郷、日本三景・松島の風景に溶け込みそうな凛々しい後ろ姿ですね!!

松島でこの後ろ姿を発見したら、生ガキを食べる手を止めて一目散に駆け寄り、確実に抱きしめますね!!(←あほ)

そして、耳元で囁きます「あなたは私の日本三景です」と。(←どアホウ)

更に一句献上します「N女史や ああN女史や N女史や」(←そろそろ苦情が来そう?)