日本列島で梅雨が明け、猛暑日が続いていますね。

今年の夏、猛暑をを乗り切るべく、もののふ庵は先日、桃太郎ジーンズのショートパンツを購入しました。

桃太郎ジーンズ ショートパンツ

ジャン!!

後ろポケットの「出陣」の二本線が美しく映えている桃太郎ジーンズの「ダブルヒップクロップド5ポケットパンツ」です。

クールビズとショートパンツ

先日、雑誌で外国人が「日本人はこの暑い中、スーツにネクタイを締めて働いているのに心底驚く!!」といった記事が掲載されていました。

う~ん・・・長所と短所は裏表と良く言いますが、真面目な日本人、日本文化の良い面と悪い面の両方が顕著に出ている例かもしれませんね。

オフィスなどで、キンキンに冷えた冷房の中、ジャケットにきっちりネクタイを締め、汗だくでいる男性の隣で、寒そうに厚着をしている女性・・・。

結構頻繁に見かける光景です。

前述の外国人から見た日本の不思議の記事の通り、外国では暑い夏には軽装が許されているんですよね。

銀行や役所等、お堅いイメージの有る所でも、外国ではかなりの軽装で仕事をしており、銀行で例えると、正直、どの人が行員でどの人がお客さんか解らない感じです。

その代わり、空調はかなり控えめです!!

日本のコンビニや駅の「緑の窓口」なんかの様に、クーラーがガンガンかかっている所は・・・まず有りません。。。

働いている人が軽装で、風を感じやすい格好で、自然の空調を楽しんでいる感じでした。

海外生活の経験のあるもののふ庵にとっては、服装はその人を表す訳ではないですから、こういったスーパークールビズ、大賛成です!!

というか、クーラーをガンガンかけて、上着を着ている方が・・・どう考えてもおかしいですよね。。。

という訳で、もののふ庵も最近、ショートパンツです。

因みに!!

先日、桃太郎ジーンズの地元、岡山県議会で、地元のジーンズ(地産地消でのジーンズ)を着用する様、議員全員、県職員全員に通達されたそうなんですが、卓見ですよね!!

ショートパンツもOKなのか・・・気になる所ですが、是非、ジーンズが名産品である岡山県だからこそ、クールビズの面でも先を進んで欲しく思います。

桃太郎ジーンズのショートパンツ

今回、もののふ庵が購入したのは、お馴染み桃太郎ジーンズのショートパンツ、「ダブルヒップクロップド5ポケットパンツ」です。

桃太郎ジーンズ ショートパンツ

桃太郎ジーンズ クロップドパンツ

因みにクロップドパンツというのは、「七分丈」という意味です。

桃太郎ジーンズ ショートパンツ ボタンフライ

社会の窓は、もののふ庵にとって初めてとなるボタンフライ。

最初はボタンフライのジーンズは大変だなぁ・・・と思っていましたが、一週間もしないで慣れてしまいました。

今では、真にジーンズ愛好者はボタンフライを選ぶというのを実感している位です。(とはいえ、女性の場合、ネイルが有るから、ボタンフライは難しいのかなぁ・・・という事も実感。。。)

生地は夏用ジーンズらしく、10.5oz。

軽くて動きやすく、それでいて肌にへばりつく感じも無く、本家桃太郎ジーンズとはまた違った爽やかな履き心地です。(因みに普段、もののふ庵が愛用しているのは、桃太郎ジーンズの「銅丹」というレーベルです。)

桃太郎ジーンズ ショートパンツ パッチ

パッチの部分も銅丹とは若干違いますね!!

もののふ庵も今、毎日足に自然の風を感じながら出歩いていますが、正直、クーラーの涼しさよりも、やはり風を感じている方が気持が良いですよ!!

桃太郎ジーンズについて

桃太郎ジーンズに関しては、当サイトでこれまで幾度となく取り上げてきましたし、先日の安倍総理が経済成長戦略第二弾で名前を挙げた事、あるいはフジテレビの人気番組「ほこ×たて」に出演した事も有り、一気に名が知れ渡った感じが有ります。

因みに、もののふ庵は先日、幸運にもこの桃太郎ジーンズの普段は公開していない工場等を見学するツアーに参加する事が出来、その岡山県の誇り、桃太郎ジーンズの製作過程を見る事が出来ました。

~参考~

桃太郎ジーンズが想像以上に凄い

桃太郎ジーンズの藍畑からの伝言

桃太郎ジーンズの鶴の工房に現代の職人魂を見た

桃太郎ジーンズをどこで買うか?で一番大事なことは

やっぱり桃太郎ジーンズが好き

桃太郎ジーンズのシャツが想像以上に凄い件について

桃太郎ジーンズのジャケットを完全チェック!!

桃太郎ジーンズのオーダーペイントに花束を

桃太郎ジーンズはなぜ流行るのか

これが桃太郎ジーンズだ!!

桃太郎ジーンズの素晴らしさ

もしかすると、名前があまりにも先行して知れ渡った感も無きにしも非ずなので、桃太郎ジーンズに関して語ろうかとも思ったのですが、私があれこれ言うよりも、桃太郎ジーンズの拘りを何よりも語っている一枚のお写真が有るので、それを掲載させてもらいます。

桃太郎ジーンズ 手織り機

この一枚のお写真、これは、ジーンズの素材となるデニムを、職人さんが手織機でパッタンパッタンと織っている所なのです。(注・この様に、デニム生地から手織で作られているのは、桃太郎ジーンズのオーダーメイドのモノになります。ですが、通常の定番ジーンズも、昔ながらの旧式力織機にて織り上げたデニムが使用され、超ローテク作業で作られた最高峰のジーンズとなっています。)

この幻想的な光景から、時代の流れとともに失われたモノを、大切に大切に守っているように感じるのは・・・きっともののふ庵だけではないでしょう。

文明の発達と共に、例えばクーラーが登場し、部屋の中は近々に冷え、その中で冬と変わらぬ恰好をしているという、冷静に考えれば理解に苦しむ光景が、当たり前のように溢れています。

本来、暑い時には軽装、ショートパンツ、或いは薄手の生地のモノを着用するのが自然ですよね。

桃太郎ジーンズのショートパンツを履いていると、夏風と共に職人さんの掌が伝わって来て、便利になった世の中で失われたモノ、そして、本当に守らなければならない事を伝えてくれるような気がします。

因みにもののふ庵が桃太郎ジーンズを知ったのは、桃太郎ジーンズが宇都宮で開催されていた「日本の職人展」に招聘され、展示即売を行っていた時でした。

~参考~

NEXTブレイクは桃太郎ジーンズで決まり!!

桃太郎ジーンズを購入しました!!

桃太郎ジーンズの色落ち

桃太郎ジーンズのトップス

日本の職人展に招聘される職人技こそが、桃太郎ジーンズで有り、日本が世界に誇る「技」と「掌」であると思います。

桃太郎ジーンズ 出陣 パーカー

上記写真は当サイト十八回目の登場となる、当サイトですっかりお馴染みのN女史の麗しき後ろ姿。

ニューカレドニアの「天国に一番近い島」との呼び名の有るウベア島の美しい海岸線に良く似合いそうな後ろ姿ですね!!

世界で一番美しい青い海の前にこの後ろ姿を発見したら、後ろからそっと近づき、確実に抱きしめますね!!(←あほ)

そして、耳元で囁きます「あなたは私の天国です」と。(←どアホウ)

桃太郎ジーンズの深みのある青色は、もし夏の風に色が有るのなら、きっとこんな色なのでは、と思う爽やかな青です。

それは、ひたすら美しく、ひたすら透明な青さの海の様でも有ります。