地元・神戸の人々に「長田さん」の愛称で親しまれている長田神社

神戸高速鉄道東西線「高速長田」駅を出て、神戸の商店街を歩いた所に長田神社は鎮座していました。

長田神社の社号標

長田神社の創建は神功皇后摂政元年(201年)との事、1800年以上の歴史を持つ神社さんなのです。

それ故、地元の商店街入り口にも鳥居が有るなど、すっかりと商店街の雰囲気に溶け込んでいる感じでした。

長田神社の鳥居

長田神社の鳥居。

長田神社の神門

長田神社の神門。

長田神社の御社殿

そして長田神社の御社殿。

長田神社のご祭神は事代主神(ことしろぬし)との事、海の神、商業の神、釣りの神さまですね。

商工業や産業の護り神ですので、ご利益には、商売繁盛、豊漁祈願、航海安全だそうです。

そして、面白いというか、珍しいというか・・・病気平癒、殊に「痔」を治す神様でもあるそうです。

長田神社で特に名高いのが、毎年2月の節分の日に行われる追儺式神事かもしれません。

追儺式では、前日より厳重な潔斎をした7人の鬼役によって奉仕される神事で、鬼は神のお使いとして、神様に代わって松明を振りかざして災難や厄を焼き尽くし、祓う所作(踊り)をするそうです。

この古式の神事は室町時代から行われていたとの事。。。

さすがは歴史の有る神社ですね。

この日、もののふ庵は朝一番でのお参りだったのですが、禰宜さんの朝のお務めで御社殿にお参りをしていらっしゃいました。

その時、少しお話しする機会があったのですが、この辺りは阪神・淡路大震災のときに、相当な被害が出たそうです。。。

長田神社の御朱印と御朱印帳

長田神社の御朱印

写真は長田神社の御朱印になります。

力強い字体ですね!!

そして、長田神社には、「長田神社」という社名と社紋が記された長田神社オリジナルの御朱印帳がありました。

長田神社の御朱印帳

御社殿をデザインした御朱印帳ですね。

御朱印の初穂料は500円でした。

長田神社:神戸市長田区長田町3丁目1番1号


大きな地図で見る