港神戸守護神 厄除八社(みなとこうべしゅごしん やくよけはちしゃ)、或いは生田裔神八社、神戸八宮巡りの一社、六宮神社(ろくのみやじんじゃ)と八宮神社(はちのみやじんじゃ)は、神戸市中央区楠町に鎮座する神社です。

八宮神社の社号標と鳥居

八宮神社の社号標と鳥居。

社号標は八宮神社となっていますが、こちらの神社には、六宮神社が合祀(ごうし)されています。

元々六宮神社は別のところに鎮座していたそうなのですが、明治初期に道路拡張のため八宮神社に合祀されたそうです。

八宮神社の鳥居と参道

八宮神社の鳥居と参道。

八宮神社・六宮神社合祀の御社殿

六宮神社を合祀している八宮神社の御社殿。

右側に「六宮神社合祀」と記された木札が下がっているの、見えますでしょうか?

本殿北側に六宮神社、南側に八宮神社が鎮座しています。

因みに六宮神社の御祭神が天津彦根命、八宮神社の御祭神が熊野杼樟日命・素盞嗚尊です。

六宮神社のご利益が武運長久、八宮神社のご利益が厄落としとなっています。

六宮神社と八宮神社の御朱印

六宮神社の御朱印

六宮神社の御朱印です。

八宮神社の御朱印

そしてこちらが八宮神社の御朱印になります。

八宮神社・六宮神社合祀:神戸市中央区楠町3丁目4-13


大きな地図で見る