兵庫・ブロガー100人戦国トリップのオフィシャルブロガーとして有馬温泉にやって来たもののふ庵、有馬に到着し、一番最初に行ったのが観光案内所だったのですが、そこで「もし時間があれば・・・」
と勧められたのが、「有馬温泉の泉源」を巡るコースでした。

徒歩で回れるのですが・・・「泉源」という言葉に余り馴染みのなかったもののふ庵、「泉源」とは文字通りには泉の湧き出る源ですが、例えば、一つの温泉旅館の泉源は一つであるとは限らず、複数の泉源から湯を引いていることもよくある事です。

そして有馬温泉には、天神泉源、有明泉源、極楽泉源、御所泉源、妬泉源、炭酸泉源といった数多の泉源が存在しているのです。

炭酸泉源

有馬温泉・炭酸泉源

上の写真は有馬温泉の銀泉、「炭酸泉源」の有るところです。

有馬温泉の炭酸泉源

炭酸泉源公園にある炭酸泉源は、神社のような建物の中央の丸い石からこんこんと冷たい炭酸水が湧き出ていて、かつてはこの水に砂糖を溶かして飲んでいたそうです。

有馬温泉の炭酸泉源公園の炭酸泉源

有馬名物の「炭酸せんべい」も、この炭酸泉を利用した事が始まりだそうです。

因みに、有馬名物の炭酸ソーダですが、「鉄砲水」という別名がありますが、その由来は、この泉の水を瓶にいれて蓋をするとすぐに蓋が飛んでしまい、まるで鉄砲のようであるということから「鉄砲水」と呼ばれるようになったそうです。

妬泉源

有馬温泉の妬泉源

妬泉源(うわなりせんげん)は、美しく化粧をした女性がそばに立つと、お湯が嫉妬して吹き出したことから妬(うわなり)と名付けられたと伝えられています。

有馬温泉・妬泉源

天神泉源

有馬温泉の天神泉源

有馬の代表的な温泉源の「天神泉源」は、天神様の境内にあり、鳥居をくぐってのお社の前で白煙を上げていました。

有馬温泉・天神泉源

御所泉源

有馬温泉の御所泉源

有馬温泉・御所泉源

極楽泉源

有馬温泉・極楽泉源

極楽泉源

有明泉源

有馬温泉の有明泉源

有馬温泉・有明泉源

観光案内所で勧めてもらったし、もののふ庵は1日有馬温泉を散策する予定だったので、泉源を全部廻ってみましたが、面白いか面白くないかで言うと・・・う~む、正直、個人的にはお勧めしないかな。。。

ただ、実際に飲む事が出来、下には名物の煎餅屋さんがあり、公園として整備されている炭酸泉源は行った方が良いのでは、と思いました。