有馬温泉の名物の一つに、「炭酸せんべい」というのがあります。

「炭酸せんべい?炭酸が入っているせんべい??」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんね。

有馬温泉名物の炭酸せんべいとは、有馬の炭酸泉を使用した煎餅の事です。

ピンと来ない方、炭酸せんべいを知らないとおっしゃる方もいらっしゃるかもしれませんが、炭酸せんべいにバニラクリーム等を挟んだモノはがく普及しているので、皆さんおそらく一度は食べた事があるかと思います。

有馬温泉・炭酸せんべい三津森本舗

写真は炭酸泉源公園のすぐ目の前にある、有馬温泉名物、炭酸せんべいの老舗、三津森本舗さん。

有馬温泉・炭酸せんべい三津森本、工場

本店は別の場所にあるのですが、湯本坂にあるこちらの支店では、工場を併設しており、昔ながらの焼き方、手作業で炭酸せんべいを焼いています。

有馬温泉・炭酸せんべい三津森本舗の工場と炭酸せんべい

そして!こちらの支店では、焼きたての炭酸せんべいを食べる事ができます!!

炭酸水に小麦粉を溶かし、砂糖と塩で味付けしただけという焼きたての炭酸せんべいは、素朴な味わいながら、有馬の香りをほんのりと感じるパリパリの軽くて懐かしい食感!!

もののふ庵は、友人へのお土産を炭酸せんべいに即決、こちらから友人に発送をお願いしました。

勿論、大好評でしたよ!

有馬温泉・炭酸せんべい三津森本舗の炭酸ソーダ(鉄砲水)

そして、こちらも有馬名物の「ありまソーダ てっぽう水」

ラベルには「毒水と恐れられし炭酸水が日本のサイダーの原点なり。」と記載されています。

「てっぽう水」の由来ですが、サイダーを瓶に入れて蓋をすると、蓋が飛んでしまったという事からだそうです。

炭酸の強い、喉越しの刺激がなんとも言えない味でした。