桃太郎ジーンズと言えば、当サイトですっかりお馴染み、もののふ庵が最もハマっているものです。

そして、もののふ庵は今年の自分へのクリスマスプレゼントに、桃太郎ジーンズのヴィンテージレーベルをゲットしました!!

桃太郎ジーンズのVINTAGE LABEL

思いおこせば、もののふ庵と桃太郎ジーンズとの出会いは、宇都宮で開催されていた「日本の職人展」でした。

~参考・桃太郎ジーンズ「日本の職人展」での関連記事~

NEXTブレイクは桃太郎ジーンズで決まり!!

桃太郎ジーンズを購入しました!!

桃太郎ジーンズの色落ち

桃太郎ジーンズのトップス

「日本の職人展」という名前から、出店するのは刀鍛冶とか、陶芸家とか、西陣織を織ってる人とか、何となくそんな「和」を予想する方が多いかと思いますが、そんな「和」の展覧会に、桃太郎ジーンズは招聘され、出店していたのです!!

こちらの写真を見て下さい!

桃太郎ジーンズ 手織り機

「夕鶴」の舞台稽古のワンシーンに見えるこの幻想的な一枚、実は、この一枚は、桃太郎ジーンズの「鶴の工房」の一枚で、桃太郎ジーンズのデニム生地を手織り機でパッタンパッタンと織っているところなのです!!

参考⇒桃太郎ジーンズの鶴の工房

桃太郎ジーンズは、まさに「和」のジーンズであり、日本の職人技で作られたジーンズなのです!(注:手織り機で織られたデニム生地は、現在はオーダージーンズでのみ使用されているそうです。)

職人の魂、掌の伝わってくるジーンズに一目惚れをし、宇都宮の展覧会で即、桃太郎ジーンズを購入したもののふ庵、その時に買ったのは、桃太郎ジーンズの「銅丹」というレーベルでした。

桃太郎ジーンズには、大きく分けて「銅丹」、「出陣」、「ヴィンテージ」の3つのレーベルがあります。

そして今回、もののふ庵がゲットしたのは、ヴィンテージ・VINTAGE LABEL【0901】15.7oz 特濃インディゴクラシックストレートというモデルです。

桃太郎ジーンズのヴィンテージ・VINTAGE LABEL

桃太郎ジーンズのヴィンテージ

こちらが桃太郎ジーンズのヴィンテージ・VINTAGE LABEL【0901】15.7oz 特濃インディゴクラシックストレートです。

後ろポケットに入っている二本線はオーダーペイントで、本来、ヴィンテージモデルの後ろポケットは「銅丹」のようなステッチも入ってなく、「出陣」のシンボルである二本線も入ってません。

ステッチ等の飾りの無い桃太郎ジーンズのヴィンテージモデルは、なんというか、もののふ庵の印象で言うと、無骨な感じなのです。

桃太郎ジーンズのヴィンテージの前の部分

桃太郎ジーンズのヴィンテージの前の部分。

社会の窓は、ボタンフライです。(因みに、以前のもののふ庵は、ボタンフライは閉めるのが大変そう・・・と食わず嫌いだったのですが、夏に「出陣」でボタンフライを体験し、今では絶対にボタンフライ!!になってしまいました。ボタンフライは、閉めるのは大変ですが、はずす時は左右にバババッと引っ張るだけですので、楽で楽で。これから桃太郎ジーンズを購入する方は、男性なら絶対にボタンフライにすることをお勧めします!女性の場合は・・・ネイルがあるから閉めるのが大変なボタンフライは無理かな。。。)

桃太郎ジーンズのヴィンテージの後ろの部分

桃太郎ジーンズのヴィンテージの後ろの部分。

後ろポケットに、オーダーペイントで出陣の二本線を入れてもらった事は前述しましたが、カラーは中有年店のオリジナルカラー、マスカットグリーンです。

参考⇒桃太郎ジーンズのオーダーペイント

そして!桃太郎ジーンズのヴィンテージの魅力といえば、見事な色落ちになります!!

桃太郎ジーンズ、ヴィンテージ・VINTAGE LABELの色落ち

桃太郎ジーンズのヴィンテージの色落ち

写真は買った時の桃太郎ジーンズと、それに付いていたタグの様なモノなのですが、このタグ、実はヴィンテージの色落ちの感じを現したデニムなのです。

これまでの写真で、今回もののふ庵が買った桃太郎ジーンズのヴィンテージは、ブラックジーンズと思った方もいらっしゃるかもしれません。

このヴィンテージは、世界最特濃デニムで、これを履きこんでいくと、このタグのように深みのある「青」になっていくのだそうです。

そう、桃太郎ジーンズのヴィンテージモデルは、ジーンズの色落ちが好きな人にはたまらない逸品なのです、

参考⇒桃太郎ジーンズの色落ちが想像以上に凄い

因みに、以前、桃太郎ジーンズの工場見学のツアーに参加した時、桃太郎ジーンズ社長さんに、「社長さんは桃太郎ジーンズの中で、どのレーベルが一番好きですか?」という質問があったのですが、その時の社長さんの答えが「今はヴィンテージかな。。。」というモノでした。

そんな桃太郎ジーンズの社長さんも愛用しているというヴィンテージレーベルの一本、これから履きこんでいくのが今から楽しみです。

~参考・桃太郎ジーンズ関連記事~

桃太郎ジーンズの洗濯についての5個の注意点

知らないと損する桃太郎ジーンズのユニオンスペシャルへの拘り

桃太郎ジーンズの色落ちが想像以上に凄い

いま、一番気になる桃太郎ジーンズ青山店を完全チェック!!

噂の「桃太郎ジーンズ高円寺店」を体験せよ!

「世界の桃太郎ジーンズ」という一歩を踏み出せ

桃太郎ジーンズの財布からの伝言

シンプルでセンスの良い桃太郎ジーンズ一覧

桃太郎ジーンズのショートパンツをオススメするこれだけの理由

桃太郎ジーンズが想像以上に凄い

桃太郎ジーンズの藍畑からの伝言

桃太郎ジーンズの鶴の工房に現代の職人魂を見た

桃太郎ジーンズをどこで買うか?で一番大事なことは

やっぱり桃太郎ジーンズが好き

桃太郎ジーンズのシャツが想像以上に凄い件について

桃太郎ジーンズのジャケットを完全チェック!!

桃太郎ジーンズのオーダーペイントに花束を

桃太郎ジーンズはなぜ流行るのか

これが桃太郎ジーンズだ!!

桃太郎ジーンズの素晴らしさ

桃太郎ジーンズ 出陣 パーカー

上記写真は当サイト二十七回目の登場となる、当サイトのヴィンテージ、N女史の麗しき後ろ姿。

ザ・ヴィンテージのN女史は、トップス、ジーンズともに二本線=日本線=ジャパンラインが眩しい桃太郎ジーンズの「出陣」で固めてらっしゃいます。

因みにオレンジは、オンラインショップのオリジナルカラーになります。

フランスのブルゴーニュ地方のブドウ畑ででこの後ろ姿を発見したら、迷わず駆けより抱き締めますね!!(←あほ)

そして耳元で囁きます「あなたこそがまさしくヴィンテージ、ドン・ペリニヨンで乾杯しましょう!!」と。(←どアホウ)

世界に誇る日本の職人技「匠の掌」で出来た桃太郎ジーンズのビンテージレーベル、これから履いていくのが楽しみです。