クロックス・crocsの2014年新作、春夏モデルの発表会兼試し履き会に参加してきたもののふ庵。

クロックスは、昨年ひと夏履き続けましたが、とても軽く、かつクロスライトという素材は臭わない、そして何より!雨に濡れても問題無し!!水で洗い流して拭けばokという靴の常識を打ち破る利便性を重宝していましたが、クロックスはやってくれました!!

なんと!2014年の新作で、ストレッチソールという驚くべき逸品を開発してきたのです!!

クロックスのストレッチソール

ストレッチソールの特徴と履き心地

これまでのクロックスの特徴と言えば、もののふ庵の体重に反比例して軽く、もののふ庵の人間性の如くに軽く、そして、胡散臭いもののふ庵とは異なり臭わないというのがセールスポイントでした。

このクロックスの最大のウリの「軽さ」に、ストレッチソールは屈曲性をプラスしてきたのです!!

クロックス・ストレッチソールを曲げた所

見てください!

靴底がもののふ庵の根性の様に曲がっています!!

なんと!クロックスのストレッチソールは丸める事が出来るんです!!

クロックス・crocsのストレッチソールを捻っている所

そしてこちらはもののふ庵の性格のように捻れてますね。。。

クロックスのストレッチソールは、この様に捻ることも可能なのです。

クロックスでは、なんと3年かけてこの「ストレッチソール」を開発したとの事。

実際に履いてみての感想、印象ですが、しっかりとした靴でありながら、バレーのトゥーシューズのような柔軟性を兼ね備えている靴、あるいは、靴下の様な自然で足にフィットした履き心地と言えるかもしれません。

個人的にイイな、魅力的だな、と思ったのが、コンパクトに丸められる事で、旅行などに持っていくのに便利ですし、もしかしたらカバンに入れて持ち歩く人も出るのでは?と思う程でした。

なにせクロックスの製品、クロスライトで出来ていますので、軽さは折り紙付きです。

それがかさばらない様にコンパクトに丸められるのですから、持ち歩きにまったく支障がありません。

かなり革命的ですね!

ただ・・・靴底と中敷はクロスライトなのですが、それ以外は布地になるので、前述のもののふ庵が有難いと思っていた「雨に濡れてもok!!」という点は、残念ながら当てはまりません。。。

それと、布地になると臭いも・・・どうなのかなぁ。。。

ただ、この丸められるというのは、それを補って有り余るだけのメリットなのは確かだと思います。

因みに・・・最初にデモンストレーションで丸めた所を見た時、ダンゴ虫みたいで思わず笑ってしまいそうになったもののふ庵。

クロックスが3年かけて開発したというストレッチソールは、今後の靴の常識に大きな革命を与える逸品かもしれません!