ココマイスターといえば、ヨーロッパの最高級皮革を輸入し、器用さにかけては世界最高の日本の職人が縫製する、知る人ぞ知る革製品のブランドになります。

何を隠そう、もののふ庵の愛用する革財布、長財布と小銭入れも、ココマイスターの逸品です。

ココマイスター、ナポレオンカーフの財布の正面

上の写真は、もののふ庵の愛用するココマイスターの財布になります。

参考⇒ココマイスターの財布論これがココマイスターの財布だ!

もののふ庵は、ココマイスターの店舗で実物を見て、その美しい革、そして、職人の掌の篭った造りと見事な職人芸に一目惚れし、ココマイスターと出会って以降、ココマイスター一筋です。

そして、昨年の事になりますが、もののふ庵は、山の神にココマイスターの財布をプレゼントしました。

物持ちの良い山の神、なんと!これまで使っていた財布は、中学生のときにお父様からプレゼントされたというモノで、かれこれ20年位使っていたのです。(この物持ちの良さ、モノを大切に大切に使う姿勢は、個人的に物凄くえらいなぁ、と常々思っており、もののふ庵は見習わねばならない、といつも感心しています。)

今までも何度か「新しい財布、買ってあげようか?」と言ったのですが「大丈夫、まだ使えるよ。」と言っていて・・・お父様からのプレゼントなので、大切に使いたい気持ちは尊重したいし・・・と言う訳で、これまではサプライズのプレゼント等もせずに、そのままにしていたのですが、最近、流石に綻びが目立つ様になり、「新しい財布、必要かなぁ・・・。」と言ったので、気が変わらないうちにと思い「それならココマイスターで買おうよ!」と誘い、ココマイスターで購入しました。

ココマイスター・ロゼクロコブレンターノ

上の写真が山の神の為に購入したココマイスターのレディースの財布、ロゼクロコブレンターノになります。

ココマイスターのロゼクロコブレンターノ

ココマイスター「ロゼクロコブレンターノ」

ココマイスターの「ロゼクロコブレンターノ」は、イタリアの上質な皮革、キップレザーに、クロコダイル調の型押しをし、更にエナメル加工を施すという、非常に手間隙のかかった逸品となっています。

因みに、キップレザーとは、カーフ(生後6ヶ月以内の子牛の革。きめ細かく、非常に滑らかなのが特徴。)に含まれることも有る位の上質な革なのですが、カーフに比べるとやや肉厚で、それ故、強度も増します。(キメの細かさではカーフに劣る事が多いです。)

ココマイスター・ロゼクロコブレンターノの裏側

こちらは裏側になりますが、実際に目にした時の第一印象は、ただただ美しいの一言でした。

この美しさを醸し出しているのは、革の美しさ、そしてエナメルコーティングな訳ですが、店員さんの話では、柔らかい革素材に、エナメルを薄くコーティングするという「エナメルコーティング」は、大変な技術を要する作業だそうです。

ちょっとでも手元が狂うと、エナメルはひび割れしてしまうそうです。

とてもデリケートで、まさに日本人ならではの器用さを生かした職人芸、名人芸が、このロゼクロコブレンターノの珠玉の美しさを生み出していると言えます。

因みに、店員さんがこの財布を持つ時、手袋をはめて商品に触れていました。

素手で触れると、エナメルの部分が手の温度で曇るんです。

それ位、雪の結晶の様に美しい逸品です。

素手で触れると曇りが生じる位、エレガントな表面なのですが、ですが、汚れが目立たないのもこの商品の長所かもしれません。

もし汚れが有っても、さっと拭くと、直ぐに綺麗になります。

革のお手入れをあまりしたくないという方にもお勧めです。

ココマイスター・ロゼクロコブレンターノの金具

こちらは金具の部分のアップですが、さわるのがもったいないくらいの輝きを放っています。

ココマイスター・ロゼクロコブレンターノの金具の部分

純金(24K)でコーティングされた金具は、輝きとともに、金特有の柔らかさと暖かみも醸し出しています。

そして何より、しっかりとした造りで、耐久性にも優れいていて、ファスナーの開け閉めのたびに、重厚さを実感できます。

ロゼクロコブレンターノのディテール

ココマイスター・ロゼクロコブレンターノの内部

ロゼクロコブレンターノの内部、ディテールです。

中央の部分は小銭入れになります。

ココマイスター・ロゼクロコブレンターノにユーロ紙幣と日本円を入れたところ

札入れは、中央の小銭入れを挟んで2箇所に別れています。

例えば外貨や日本円を分けたり等も出来るので便利ですし、ゆとりがある大きさで、円やドル紙幣に比べるとずんぐりとしたユーロ紙幣でも十分入ります。

因みに、銀行の通帳も入るそうです。(山の神は銀行に行く時、通帳をこの財布に入れて行くそうです。)

ココマイスター・ロゼクロコブレンターノの中

カードポケットは全部で24枚分もあります!

通帳も入る大きさ、この容量・・・う~む・・・女性向けの財布が良く解らないもののふ庵、もはや小さなカバンに見えてきました。。。

ココマイスター・ロゼクロコブレンターノのディテール

細部の造りも申し分ないです。

因みに、内部は上質のオードリーカーフを惜しみなく使用しています。

私見ですが・・・カーフを内装に使っているあたり、本当に高級感がありますね。。。

外装だけでなく、内装も非常に美しく仕上げてあります。

ココマイスターのプレゼント用ラッピング

ココマイスターのプレゼント用の箱

上の写真は、ココマイスターのレディースのプレゼント用、ギフト用ラッピングになります。(メンズの場合、リボンの色がもう少し地味な色になります。)

ココマイスター・プレゼント用の箱を開けたところ

箱を開けると、とても立派な袋に入っていて、高級感抜群です。

自分用に買うにはもったいない位のラッピングで、プレゼント、ギフト用とし、本当に申し分のない逸品と言えます。

ココマイスターのススメ

ココマイスターのロゼクロコブレンターノ

さて、ここまでもののふ庵が山の神にプレゼントしたココマイスターの逸品、ロゼクロコブレンターノに関して綴ってきました。

ココマイスターは前述の通り、ヨーロッパの最高級皮革を輸入し、日本で熟練の職人が縫製している製品です。

そして、ココマイスターはデパート等の小売店では取り扱っていません。

ココマイスターは、百貨店や小売店に卸しを一切行っていない製造直販のブランドなのです。

ココマイスターの購入は、国内5店舗(2014年4月現在)ある実店舗で購入するか、公式オンラインショップからの購入となります。

更に、こだわりの逸品、職人さんの掌が篭っている製品ですので、永年保証が付いています。(消耗や使用者の過失による破損以外は、基本的に無償で修理してもらえます。)

山の神がモノを大切に使う様に、ココマイスターも自社製品を末永く愛用して欲しいと思っているのが伝わってきますよね!

ココマイスターのロゼクロコブレンターノ

そして、ココマイスターには、山の神が愛用するロゼクロコブレンターノや、もののふ庵が愛用するモノ以外にも、沢山の魅力的な製品が揃っています。

いずれも大切な方へのプレゼントにも良し、自分へのプレゼントも良し、末永く愛用できる職人の掌が伝わってくる逸品です。

ココマイスター関連記事

⇒ココマイスターの財布論

追記:最近、ココマイスターの社員さんから聞いて初めて知ったのですが、ココマイスターが最上級の品質の素材を使い、熟練の職人が縫製しているのに値段がリーズナブルな理由は、製造直販をする事で、原価率を高め(購入する方にとってプラス)にする事が出来ているのだそうです。デパート等に卸すと、売り上げの5割程度の手数料が発生するそうです!!デパート等に卸しで販売をしていると、この値段設定は不可能だそうです!!(デパートで買うのがバカらしくなってしまいますね。

ココマイスターの製品を、ココマイスターの社員さんと共に更に掘り下げて解説しているページはこちら⇒⇒⇒ココマイスターの財布と名刺入れ、カバンをココマイスターの社員さんと共に徹底解説!