ファイテン、アスリートに流行ってますよね。。。

プロ野球なんかを見ると、全選手が首にファイテンを装着している様に見えます。

オリンピックでも、実に沢山の選手がファイテンを装着していました。

お正月の風物詩、箱根駅伝でも、多くの選手がファイテンを利用していました。。。

そして、実はもののふ庵もファイテン使用歴が長かったりします。。。

ファイテンの全日空モデル

上の写真は、もののふ庵が全日空の機内販売で買ったファイテンのブレスレット。

ファイテンの全日空モデルになります。(当時、全日空の機内では、ファイテンのパワーテープを無料で配っていました。)

ファイテン歴が長いものの、ファイテンの事を実は良く知らなかったもののふ庵(もののふ庵がファイテンの全日空モデルを買ったのは、全日空が好きというのもありました。。。)、前日、ファイテンの商品展示会に参加してきましたので、こちらでレポートしようと思います。

>>【ファイテンオフィシャルストア】公式通販サイト

ファイテン創業ヒストリー

ファイテンの平田好宏社長

上の写真は、ファイテンの創業者、平田好宏社長になります。

平田社長、元々は実は日本料理の調理人だったそうなんです。

ところが・・・あまりの忙しさプラス、無理をしたことが原因で、多発性皮膚筋炎・膠原病を患ってしまったそうなんです!(話を聞いたとき、最初「高原病?」と思ってしまったもののふ庵・・・膠原病を調べてびっくり!大変な病気なんですね。。。)

平田社長は、心臓が炎症を起こしてしまい、このままでは長く生きられないと宣告されたそうです。。。

ですが、そこから平田社長は自分が生きるために何をすべきか考え、ストレスからの開放、リラックスこそが最高の薬と結論を出し、一定のリラックス作用を発揮する製品の開発を行います。

それがファイテンの創業、RAKUWAの開発になります。

>>【ファイテンオフィシャルストア】公式通販サイト

ファイテンのRAKUWA

ダルビッシュ有とファイテン

ダルビッシュ選手!首には勿論ファイテン、ダルビッシュ選手が愛用しているのは、RAKUWAネックx100 カーボンという製品になります。

RAKUWAネックx100 カーボン

上の写真がRAKUWAネックx100 カーボンになりますが、RAKUWAとは「楽輪」の事だそうで、ファイテン独自の技術、「アクアチタン」を身につけることで、心身をリラックスさせるそうです。

とはいえ、大リーグのマウンドに立つときなんて、物凄い緊張の筈ですよね。。。

ファイテンを装着するだけで、そんなに簡単にリラックスできるの?と思った方!!京都府立医科大学、京都府立大学、UCLAやブラウンシュバイク大学 マーティン・コルテ教授の実験結果によると、アクアチタン素材は一定のリラックス作用を発揮することが示されているそうです。

馬場ゆかりとファイテン

こちらは女子プロゴルファーの馬場ゆかり選手。

RAKUWAネックX50 ハイエンドⅢ

馬場ゆかり選手が愛用しているのは、RAKUWAネックX50 ハイエンドⅢだそうです。

RAKUWAネックX50 ハイエンドⅢを装着したところ

上の写真は、RAKUWAネックX50 ハイエンドⅢを装着したところですが、テレビでよく見る画ですよね。。。

本当に多くのアスリートの方がファイテンを装着してますよね!

松山英樹とファイテン

プロゴルファーの松山英樹選手が愛用しているのは、ネックレスタイプのファイテンではなく、ブレスレットタイプのモノ。

RAKUWAブレスS  DUOタイプ

RAKUWAブレスS DUOタイプになります。

RAKUWAブレスS  DUOタイプを装着したところ

上の写真は、RAKUWAブレスS DUOタイプを装着したところになります。

これもまた、よく目にする画に思います。

>>【ファイテンオフィシャルストア】プロアスリートも愛用

中山雅史選手とファイテン

この日のファイテンの商品説明会のスペシャルゲストは、なんとゴン中山こと、中山雅史選手!

ファイテン・平田社長と中山雅史

上の写真は、ファイテン・平田社長と中山雅史選手ですが、中山雅史選手もまた、ファイテンを愛用しているそうです!

その出会いは1994年!!

怪我をした時に、当時世界一の名医と称され、世界中のアスリートが診察してもらっていたドイツのナショナルチームのドクターに診てもらったそうなんですが、その時に「これが良いからこれを張っておきなさい!」と言われて張られたのがファイテンだったそうなんです!

「これ、ファイテンじゃん!」とゴン中山もびっくりしたそうで、それが中山雅史選手とファイテンの出会いだったそうです。

以来、中山雅史選手もファイテンの愛用者になったそうなんですが、サッカーはネックレスが禁止なので、中山選手は腰に巻くものを作ってもらい、腰に巻いて利用していたそうです。

因みにこの日、中山選手からのプレゼントということで、最新本を頂いてしまいました!

中山雅史の著書「魂の在処」

ジャン!

中山雅史のサイン

しかもサイン入り!

早速読みましたが・・・アスリートは(というか、中山選手)、練習と怪我との戦いだったのだなぁ・・・と思ってしまう程、物凄い怪我の内容でした。。。

そして、考えられない怪我を乗り越えてプレーしてきた中山選手のを支えたモノの一つがファイテンなんだ・・・とも実感しました。

多くのアスリートに支持されるファイテン、リラックス効果が期待できるRAKUWAの他、首、肩こりに効く磁気チタンネックレスも有ります。

詳しくは、↓↓公式サイト↓↓から

>>【ファイテンオフィシャルストア】公式通販サイト