クロックスが日本に来てからちょうど10年、もう、すっかりクロックスの穴あきサンダルが浸透した感じがしますね!

実はここ数年、夏の間をクロックスで過ごしているもののふ庵、夏の靴として、クロックスをとても気に入っています。(とはいえ、昨年、仕事先のおばちゃんに、「トイレのサンダルみたいなの履いて仕事に来てはダメ!そんなトイレのサンダルみたいなの履いて新幹線乗って来て、恥ずかしいと思いなさい!!」と叱られた事が有りましたが。)

さて、この度、クロックスでは、10周年を記念してデザインされた、「日本限定モデル」が発売されました。

crocs・crocband 10th anniversary clog、日本上陸10周年記念「日本限定モデル」

ジャン!

上の写真が、crocsのcrocband 10th anniversary clog、日本上陸10周年記念「日本限定モデル」になります。

長い名前ですが・・・まぁ一言でいえば・・・クロックスの定番、クロックバンドであり、かつ、クロックスブランド発祥の地であるアメリカをイメージし、全体にペイズリ―柄が施され、ポイントとして、日本を象徴する「桜」をデザインに取り入れた、まさに日米友好(民酒党がギャーギャー言いそう?w)なモデルとなっています。

クロックス・crocs・crocband 10th anniversary clog

因みに、クロックスの10thのコンセプトは「親、子、孫の世代をつなぐ存在でありたい」だそうです。

その思いを反映し、こちらの10周年日本限定モデルは、ユニセックス(男女兼用)、かつ子供用・キッズサイズもあります。

そして・・・個人的に面白いと思ったのが、ウォーリーを探せならぬ、「隠れデュークを探せ!」が施されている点!

因みに、「デューク」と聞くと、ゴルゴ13を思い出しますが、デューク君とは、クロックスのシンボルのワニ君の名前だそうです。

由来は、クロックスの創業者のあだ名がデュークだったからだそうです。

ふ~む・・・では、クロックスの創業者のあだ名が「もののふ庵」だったら・・・今頃、あのワニ君の名前はもののふ庵だった・・・訳無いですね・・・はい。。。

crocs・crocband 10th anniversary clog、日本限定モデル

上の写真の模様の中に、デューク君が隠れているのです!!

因みにワタクシ、発見しました!!(←ちょっと嬉しい)

結構、見つけにくかったので、買う人の為に、「展示してある靴の隠れデュークに印を付けておきましょうか?」と軽いジョークをクロックスの社員のK女史に飛ばしたら

クロックス・crocsのストレッチソールを捻っている所

↑この様に手にされていた靴を捻られ、無言で「しばくぞ!」と叱られました。。。

ハハハ・・・ハハ・・・。

クロックス日本誕生10周年記念モデル、お勧めです。