ココマイスターコードバンシリーズのご紹介です。

因みに、こちらで紹介するコードバンシリーズの画像は、ココマイスター名古屋店に展示されていたものを撮影させて頂いたモノになります。

もののふ庵は、ココマイスター及びココマイスター名古屋店の許可の下、撮影し、そしてブログへの掲載許可を頂いて掲載しています。

画像の無断転載は固くお断りします。

ココマイスターのコードバン

革のダイアモンド、あるいはキングオブレザーと称えられるコードバンは馬の皮なのですが、一頭の馬から僅かしか採れない素材であり、希少価値の高い素材であり、更に、美しさ、そして強度を併せ持った最高の素材となります。

また、ココマイスターでは、このコードバンにロウを吹き付けると言う、ブライドルレザーの様な工夫をしていますが、これにより、水に弱いコードバンの欠点を補い、かつ、ブライドルレザーの様に、ロウが取れた時に、素のコードバンが顔を覗かせる訳ですが、その時の美しさは特筆すべきモノとなっています。

革のダイアモンド、あるいはキングオブレザーと称えられるコードバンを、更に高めたとも言えるココマイスターの一工夫は、もののふ庵は賞賛されるべきモノと感じています。

ココマイスター・コードバン薄型長財布

こちらはココマイスターのコードバン薄型長財布になります。

ココマイスター・コードバン長財布

そしてこちらはココマイスターのコードバン長財布

因みに、ココマイスターのコードバン薄型長財布とコードバン長財布の違いですが、コードバン薄型長財布には小銭入れの付いていますが、コードバン長財布には、小銭入れは付いていません。

コードバン長財布は、長財布というよりも、札入れと言った方が解りやすいかもしれませんね。

ココマイスター・コードバン馬蹄小銭入れ

こちらはココマイスターの小銭入れ・コードバン馬蹄小銭入れになります。

コードバン馬蹄小銭入れは、是非札入れ、小銭入れの付いていないコードバン長財布と併せて持つ事をお勧めしたいですね!

ココマイスター関連記事

⇒ココマイスターの財布論

追記:最近、ココマイスターの社員さんから聞いて初めて知ったのですが、ココマイスターが最上級の品質の素材を使い、熟練の職人が縫製しているのに値段がリーズナブルな理由は、製造直販をする事で、原価率を高め(購入する方にとってプラス)にする事が出来ているのだそうです。デパート等に卸すと、売り上げの5割程度の手数料が発生するそうです!!デパート等に卸しで販売をしていると、この値段設定は不可能だそうです!!(デパートで買うのがバカらしくなってしまいますね。

ココマイスターの製品を、ココマイスターの社員さんと共に更に掘り下げて解説しているページはこちら⇒⇒⇒ココマイスターの財布と名刺入れ、カバンをココマイスターの社員さんと共に徹底解説!