iPhoneユーザーのもののふ庵は、あまり魅力を感じないのですが、世間はSurface全盛の時代(に見えます。)

毎年、新しいモデルが発売されるパソコンですが、ノートパソコンもタブレット使用も出来る2 in 1タイプのモノがどんどん増えてきている様に思います。

Surfaceが出るまでは、iPhoneを持つか、或いはガラケー+タブレットか・・・と言われていましたが、Surfaceの登場により、その概念も崩れた様にも感じます。

もののふ庵の場合、パソコンを持ち歩く必要性というのはそんなに無く、iPhoneでほぼ全て事足りる感じですが・・・ですが、メールに添付されたファイルが開かなかったり、或いは開いたとしても読み難かったり等で、出先で「あぁ・・・パソコン持ってきていれば・・・」と思う事も時々あります。

そんな持ち歩きにお勧め、且つタブレット使用も出来る2 in 1パソコンのLenovo YOGA 700をモニターさせて頂く機会が有りましたので、こちらでレビューしたく思います。

Lenovo YOGA 700

Lenovo YOGA 700

Lenovo YOGA 700

上の写真は、タブレット使用も出来る2 in 1パソコンのLenovo YOGA 700を操作している所になります。

Lenovo YOGA 700を持ったところ

ご覧の様に、非常にコンパクト、軽量・薄型で、資料を挟むバインダーとかボードでも持っている様な感じです。

Lenovo YOGA 700をタブレットとして使用

Lenovo YOGA 700は2 in 1パソコンですので、タブレットとしても使用出来ます。

ただ・・・一週間モニターさせて頂いた中で、iPhoneユーザーのもののふ庵の場合は、Lenovo YOGA 700をタブレットで使用する事は有りませんでした。

Lenovo YOGA 700は、iPhoneで操作できない事、或いはパソコンの画面で見た方が見やすいファイルを開く時等に利用、大変に重宝する感じですね。

iPhoneユーザーには、タブレット機能は無用かもしれませんが、Lenovo YOGA 700の軽量・薄型で持ち運びが楽な点は、正にiPhpneユーザーで有りながら、パソコンも持ち歩きたい方にお勧めかと思います。(私見ですが、家でのメインパソコンには・・・あまりお勧めはしないかな。。。家でのメインパソコンであるならば、LenovoのThink Pad Tシリーズ等、持ち運びよりもスペック重視のモノをお勧めします。)

Lenovo YOGA 700のキーボード操作

上の写真は、Lenovo YOGA 700のキーボードを操作している所ですが・・・持ち運び重視なので、仕方がない部分はあるかと思いますが、所々、キーが小さく、ミスタッチしてしまいやすい部分が有りました。

Lenovo YOGA 700のキーボード

大きな画像にして解説すると、もののふ庵の場合で言うと、キーボード右上の辺り、例えばハイフン等を打つ「ほ」のキーをよくミスタッチしました。

まぁ、キーボードは慣れの部分も有るので、暫く使えば、ミスタッチも無くなるのではと思いますが・・・慣れるまでは、多少、ミスタッチしやすいかもしれません。

Lenovo YOGA 700を広げたところ

Lenovo YOGA 700を広げたところです。

タブレット使用も出来る2 in 1パソコンの場合、液晶画面を切り離すセパレート型のモノもありますが、Lenovo YOGA 700は、液晶画面を回転させて使うコンパーチブル型になります。

ガラケーで、タブレットとしての使用を重視する方には、キーボードから切り離して使うタイプのセパレート型がお勧めですが、iPhoneユーザーで、パソコンとしての使用をメインに考えている方には、Lenovo YOGA 700の様な、コンパーチブル型がお勧めです。

Lenovo YOGA 700をモニターしてのもののふ庵の結論としては、Lenovo YOGA 700は家でのメインパソコンにはお勧めしませんが、二台目、そして、持ち運ぶ為であるならば、大変お勧めの一台だと思います。

詳しくは、↓↓公式サイトで↓↓

>>【レノボ・ショッピング限定販売】Lenovo YOGA 700 (11.6型)