成人アトピーの有るもののふ庵は、アトピー対策として毎日の入浴が必須になります。

アトピーの場合、最大の治療法は、肌の保湿をしっかり保つ事になるからです。

一般論で、腋の下というのはアトピーが発症しにくい場所とされていますが、これは、汗で慢性的に湿っている=保湿しているからアトピーが発症しないとされています。

そして、当然?ですが、お母さんのお腹の中にいる赤ちゃんは、アトピーは発症しません。

あくまで一般論としてですが、肌の保湿というのは、文字通り、最高のアトピー対策なのです。

肌の保湿でも一番お勧めなのが天然の温泉!

大地の母乳とも称えられる温泉は、まさに最高のアトピー治療になります。

もののふ庵も大の温泉好きなのですが、ここまで温泉が好きな理由の一つに、温泉に行くとアトピーが軽減するというのが有るかと思います。

30代の頃、仕事で毎月2泊で温泉地に行っていた事が有ったのですが、この時はアトピーの症状がかなり軽減しましたね。。。

起床して朝風呂に入り、そして仕事上がり、更に寝る前と、一日最低3回は温泉に入り、そして薬を塗っていたのですが、2泊して帰宅する時には、かなり綺麗になっていた様です。(もののふ庵のアトピーは、背中が特に酷く、山の神に薬を塗ってもらっているのですが、温泉から帰ってくると、必ず「綺麗になった・・・」と言われていました。)

そんなアトピー対策に最高の温泉を自宅で堪能できる入浴剤のご紹介です!

薬用入浴剤ミネラルスパパウダー

薬用入浴剤ミネラルスパパウダ

上の写真は、昭和37年創業入浴剤メーカーのヤングビーナス薬品工業株式会社が展開する薬用入浴剤ミネラルスパパウダーになります。

薬用入浴剤ミネラルスパパウダ

因みに、入浴剤開発のきっかけは、温泉・湯の花の効用を家庭に届けたいという願いからとの事。

薬用入浴剤ミネラルスパパウダーは、世界で唯一の栽培する湯の花を精製・熟成し、豊潤ミネラルとして使用しています。

いわゆる温泉の素という入浴剤の場合、硫黄成分が入っているのが多い様に思いますが、薬用入浴剤ミネラルスパパウダーにはイオウは含まれていない為、浴そう、風呂釜を傷めないのも嬉しいポイントです。

薬用入浴剤ミネラルスパパウダー muku

薬用入浴剤ミネラルスパパウダー muku

上の写真は、薬用入浴剤ミネラルスパパウダーの「muku」になります。

薬用入浴剤ミネラルスパパウダー muku

因みにmukuという名前は、「無垢」が由来で、香料も着色料も一切加えていないが故のネーミングになります。

薬用入浴剤ミネラルスパパウダー muku

湯船に入れてみると・・・

薬用入浴剤ミネラルスパパウダー muku

一瞬、白濁しますが、ほどなくし、お湯は無色透明、香りも良い意味でまったくしない温泉の出来上がりとなります。

見た感じは、温泉の入浴剤が入っている様には思えないのですが、ですが湯船に浸かると、お湯とは違う、身体の芯から温まるのを実感します。

また、いわゆるお湯が柔らかくなった感じで、心地よいです。

人工的な香りが苦手という方、そして、化学成分だと肌にしみるというアトピー患者には、薬用入浴剤ミネラルスパパウダー mukuはとても嬉しい入浴剤かと思います。

もののふ庵はとても気に入りました!

薬用入浴剤ミネラルスパパウダー muku以外

薬用入浴剤ミネラルスパパウダー

薬用入浴剤ミネラルスパパウダーのmukuではないタイプも勿論、試したのですが・・・こちらはお湯に入れた瞬間から、かなり柑橘系の香りが漂いました。。。

薬用入浴剤ミネラルスパパウダ

良い香り・・・なのですが、アトピーが有るもののふ庵は少しドキドキ。。。

ただ、面白い事に、入れた直後は華やかに漂った柑橘系の香りも、程なくするとほんのりとした香りになりました。

アトピーが無い山の神は、こちらの方が気に入った様で、「ほんのり香る自然の香りが安らぐ!リラックス出来る、強すぎない香りが良い!入浴剤はこれくらいが一番!!」と喜んでいました。

成人アトピーのあるもののふ庵はmukuの方が好きですが・・・確かに、mukuは入浴剤として考えると、物足りなく感じる人もいるかもしれないですね。。。

黙っていたら、入れた事に気が付かない可能性も無きにしも非ず・・・。

アトピー対策として、そして、贈り物にも勧めたい入浴剤ミネラルスパパウダー、詳しくは↓↓公式サイトから

>>熟成仕上げの無添加入浴剤・お試しセット・送料無料・ofclay ミネラルスパパウダー muku