小江戸川越発信!川越在住の管理人「もののふ庵」が、川越の魅力と世の中のいろいろ、そして大好きな革製品、ココマイスター等のレビューを綴ります。

時の鐘~川越のシンボル 

  • HOME
  • » 時の鐘~川越のシンボル 




川越のシンボルとも言える「時の鐘

小江戸の由来ともなっている蔵造りの街並みに建てられている時計台の事です。(蔵造りの街並みからちょっと入ったところにあるので、見落としやすくもあります。)

因みに地元では鐘撞堂(かねつきどう)の方が通りが良いかも。

今から約400年前の寛永年間に当時の川越藩藩主、酒井忠勝によって建設されたといわれています。

残念ながら火事で何度か消失していて、現在の鐘楼は4代目、機械式で1日4回(午前6時、正午、午後3時、午後6時)、川越蔵造りの街並みにに時を告げてくれます。(あまり大きな音ではないので、管理人の家までは聞こえません。)

日本の音風景100選に選ばれています。


大きな地図で見る




メールでお問い合わせはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • お問い合わせ

転載禁止のお願い

当サイト内の画像、及び文章の無断転載は、一切お断りいたします。
当サイト内には、本来、撮影禁止の場で有るモノ、或いは個人の方のご協力の下に掲載させていただいたいる画像が多数あります。
これらの画像の転載、二次使用、及び文章の転載は、硬くお断りいたします。
天知る、地知る、我知る、人知る、 無断転載等を発見した場合は、所属する協議会を通じ、然るべき対応を取らせて頂きます。

スポンサーリンク

Copyright © 小江戸川越もののふ庵 All Rights Reserved.
Powerd by WordPress & BizVektor for SOGOBU Theme by Vektor,Inc. technology.