小江戸川越発信!川越在住の管理人「もののふ庵」が、川越の魅力と世の中のいろいろ、そして大好きな革製品、ココマイスター等のレビューを綴ります。

睡眠と不眠症






睡眠とは

睡眠は栄養の摂取よりも重要だそうです。

動物実験では、完全に睡眠を遮断した場合、約10 – 20日で死亡するそうですが、これは食物を与えなかった場合よりも短いとの事。

ヒトに必要な睡眠量には個体差があり、平均睡眠時間は6 – 8時間と言われたいます。

睡眠が不足した場合に最も影響のある精神活動は集中力で、計算能力、記憶能力、連想能力などはあまり低下しないそうです。

睡眠の取りやすさにも個人差があり、さらに、睡眠導入時の身体状態や精神状態、外部環境も影響するため、睡眠が取りやすかったり、睡眠が取りにくいなど、同一個体でも状態による差が大きいそうです。

そのため、睡眠を快く取る為の安眠法が幾つも発明されているのでしょう。

参考⇒睡眠の種類

昼寝の効果

最近、昼寝の効用について色々な情報が飛び交っていますね。

これも、ゆとり教育とやらの一環なのかしらとさえ思ってしまいますが、昼寝を行うことにより、事故の予防・仕事の効率アップ・自己評価のアップなどが期待されるため、職場・学校などで昼寝が最近、奨励されるようになったそうです。

また、昼寝により、脳が活発になるため、独創的なアイデアが浮かびやすくなるそうです。

目安としては午後1~3時頃から、15~30分程度が良いそうです。

1時間とると、逆に疲労になることがあるそうです。

短めの昼寝で頭も体もリフレッシュして、夜熟睡したいですね。

不眠症とは

不眠症は平常時と比較して睡眠時間が短くなり、身体や精神に不調が現れる睡眠障害の事ですが、人によって症状は違うようです。

では、どのような症状、種類があるかなのですが、不眠症は、症状によって大きく4種類に分けられます。

入眠障害は、寝つきが悪く、なかなか眠れず、寝つきに30分~1時間以上かかる場合と定義されています。

中途覚醒は、朝起きる時間までに、何度も目が覚める症状で、中高年に多いと言われています。

早朝覚醒は、朝早く目覚めてしまい、再度眠ることが出来ない症状です。

熟眠障害は、十分に睡眠時間はとっているものの、眠りが浅く、熟眠感が得られない症状です。

どれもつらく、疲労が抜けそうにありません。

不眠症はなった人にしか解らないつらさですよね。




メールでお問い合わせはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • お問い合わせ

転載禁止のお願い

当サイト内の画像、及び文章の無断転載は、一切お断りいたします。
当サイト内には、本来、撮影禁止の場で有るモノ、或いは個人の方のご協力の下に掲載させていただいたいる画像が多数あります。
これらの画像の転載、二次使用、及び文章の転載は、硬くお断りいたします。
天知る、地知る、我知る、人知る、 無断転載等を発見した場合は、所属する協議会を通じ、然るべき対応を取らせて頂きます。

スポンサーリンク

Copyright © 小江戸川越もののふ庵 All Rights Reserved.
Powerd by WordPress & BizVektor for SOGOBU Theme by Vektor,Inc. technology.