小江戸川越発信!川越在住の管理人「もののふ庵」が、川越の魅力と世の中のいろいろ、そして大好きな革製品、ココマイスター等のレビューを綴ります。

疾患、病気としての不眠症






不眠症、病気としての不眠症は大きく分けて4つに考えられます。

不眠症

眠れない状況によって、寝つきが悪い「入眠障害」、夜中に目が覚めてしまう「中途覚醒」、朝早くに目が覚めてしまう「早朝覚醒」、眠った気がしない「熟睡障害」があります。

過眠症

一言でいえば、日中、眠るべきではない場面で異常に強い眠気が起きる状態です。

この他、不安、いらだち、活力の欠乏、落ち着かない気分、 思考の遅延、発声の遅延、食欲減退、幻覚、そして記憶障害などの症状もひきおこしやすくなるそうです。

不眠のために、過眠を起こすこともあります。

時には、重大な事故の原因となることがあるので、注意が必要な症状です。

睡眠覚醒リズム障害(概日リズム睡眠障害) ~

人は、概日リズムとして知られる約24時間周期の体内時計を持っており、これに従って一日の生活を送ってきました。

すなわち、昼間は活動して夜に眠るというパターンです。

しかし、最近の社会環境の変化によって、体内時計が要求する要求する通常の時間に寝起きすることができず、この睡眠と覚醒のリズムが壊れてしまう人が増えています。




メールでお問い合わせはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • お問い合わせ

転載禁止のお願い

当サイト内の画像、及び文章の無断転載は、一切お断りいたします。
当サイト内には、本来、撮影禁止の場で有るモノ、或いは個人の方のご協力の下に掲載させていただいたいる画像が多数あります。
これらの画像の転載、二次使用、及び文章の転載は、硬くお断りいたします。
天知る、地知る、我知る、人知る、 無断転載等を発見した場合は、所属する協議会を通じ、然るべき対応を取らせて頂きます。

スポンサーリンク

Copyright © 小江戸川越もののふ庵 All Rights Reserved.
Powerd by WordPress & BizVektor for SOGOBU Theme by Vektor,Inc. technology.