小江戸川越発信!川越在住の管理人「もののふ庵」が、川越の魅力と世の中のいろいろ、そして大好きな革製品、ココマイスター等のレビューを綴ります。

難聴、耳鳴り






ストレス、心因性が原因ともされ、現代病とも言える突発性難聴や、耳鳴り等に関して綴ります。

難聴とは?

難聴は、耳(音)が聞こえにくくなる障害の事で、原因は、主に老化現象によることが多いのですが、産まれつきのものや、成人前でも起こります。

また、精神的ストレスなどによって突然聞こえにくくなる場合もあるそうです。

騒音の激しい工場労働者や交通機関周辺など騒音が酷い地域の住民でも起こり易いとも指摘されてるそうです。

難聴には様々なな原因があり、 その障害の重さから軽度・中度・重度難聴、障害の原因から伝音性難聴・感音性難聴・混合難聴と区分されています。

「伝音性難聴」とは外耳や中耳の物理的な問題で、音の伝導がさえぎられて生じるものです。

例を挙げれば、生まれつき外耳道が塞がっていたり、交通事故などが理由で頭部横に激しい衝撃を受け側頭骨や内耳を破壊した場合や、中耳炎のような振動を伝える器官に炎症を起こしていたりする場合に発生します。

また耳あかのたまりすぎ、鼓膜に穴があく、腫瘍などにより中耳に水がたまる、耳硬化症(中耳の中の音を伝える耳小骨が固着して動きが悪くなる病気)、アレルギー症状なども発症原因となります。

「感音性難聴」は内耳より奥の神経系に障害が起こるもので、音の振動を判断する内耳の感覚細胞の機能低下、もしくは感覚細胞から脳へ信号を送る際の神経の障害が原因で生じる難聴です。

原因としては、遺伝性、ウィルス感染、薬物(結核の治療に用いられるストレプトマイシンなど)、突然大きな音を聴く、ヘッドホンステレオの常用、突発性難聴、メニエール氏病、老化、聴神経腫瘍などがある他、抗がん剤のような薬で神経が破壊、あるいは老化により蝸牛内部の有毛細胞が減少した場合に発生します。

そして「混合難聴」は伝音性難聴と感音性難聴の両者を併発しているものを言います。

難聴の治療は、外耳や中耳の病気が原因の場合は薬物や手術などによる治療を行うことになります。

そして治療によっても「きこえ」が良くならない場合には、補聴器を使用という形になります。




~突発性難聴とは?~

突発性難聴とは難聴の一種で、特別なきっかけもなく、通常片側の耳がある時突然に聞こえづらくなる症状のことです。

基本的に原因不明で、確実な治療法がない難病で、症状としては、 確実に自覚できるほど即時的、突然に耳が聞こえなくなり、同時に耳鳴りや耳がつまった感じ、めまいや吐き気を生じることがあるそうです。

突発性難聴の原因として有力なものとしウイルス感染説、内耳の血液循環障害説、アレルギー説等がありますが、現在のところは原因不明、あきらかな原因が解明されていないのが現状です。

また、患者調査の傾向からすとれすを原因の一つとする意見もあるそうです。

突発性難聴は適切な早期治療と安静が極めて重要で、 症状を自覚した場合は速やかに設備の整った病院(大学病院など)で耳鼻咽喉科の専門医の診断を受けることが一番です。

一般的には発症後は1週間以内に治療を始めるのが望ましく、 発症から約2週間以内が治療開始限度と言われていて、これを過ぎると治癒の確率は大幅に低下するそうです。

治療は、最も効果が明確に認められているステロイド薬の内服や点滴、 同時に、ビタミン剤や血液循環改善剤などが用いられます。




~耳鳴りとは?~

耳鳴とは、実際には音がしていないのにも拘らず、 何かが聞こえるように感じる現象の事です。

また、耳鳴によって聞こえる音も人によって様々で、高音(「キーン」)といったもの、から低音(「ズーー」)まで、色々あります。

また、耳鳴りは本人にしか聞こえない自覚的耳鳴と、外部から聴取可能な他覚的耳鳴に分類されます。




メールでお問い合わせはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • お問い合わせ

転載禁止のお願い

当サイト内の画像、及び文章の無断転載は、一切お断りいたします。
当サイト内には、本来、撮影禁止の場で有るモノ、或いは個人の方のご協力の下に掲載させていただいたいる画像が多数あります。
これらの画像の転載、二次使用、及び文章の転載は、硬くお断りいたします。
天知る、地知る、我知る、人知る、 無断転載等を発見した場合は、所属する協議会を通じ、然るべき対応を取らせて頂きます。

スポンサーリンク

Copyright © 小江戸川越もののふ庵 All Rights Reserved.
Powerd by WordPress & BizVektor for SOGOBU Theme by Vektor,Inc. technology.