小江戸川越発信!川越在住の管理人「もののふ庵」が、川越の魅力と世の中のいろいろ、そして大好きな革製品、ココマイスター等のレビューを綴ります。

歯周病(歯槽膿漏)






先日、歯周病と診断されました。

しっかり歯を磨いていたつもりだったし、、、軽く考えていたら、恐ろしい病気の一つと知りびっくり!

反省、自戒の為、歯周病を勉強し、綴ります。

~歯周病とは?~

歯周病は、歯周組織に発生する疾患の総称で、 以前は「歯槽膿漏」と呼ばれていました。

歯垢が主要な原因の一つである事が多いですが、単に歯垢のみでなく、多くの複合的要因によって発生するそうです。

~歯周病の症状~

通常、歯茎の色はピンクで炎症などは起こっていません。

歯周病の場合、それに対して、歯と歯茎の境目に歯周病菌が粘着性を持ってしっかりと張り付いてしまう為に、歯茎は腫れ、いわゆる歯周ポケットができ、赤みを帯びた炎症状態となります。

そのため口臭、更には歯茎を押さえると膿が出る状態となります。

なかなか自覚症状の無い場合が多い歯周病ですが、水がしみるようになったり、歯磨きすると歯茎から出血したり、 歯茎を押すと膿が出る、あるいは歯茎から臭いがする場合は、歯周病にかかっている場合が多いそうです。

~歯周病の原因~

歯周病は感染症であり、原因は歯の根元の周囲に付着した、 細菌の出す毒素によって歯茎が腫れるからです。

すなわち歯の表面に付着する細菌がなければ歯周病は起こりません。

そのため、歯磨きをしっかりしておけば大丈夫と思いがちですが、歯並びや噛み合わせが悪いと、磨き残しが生じやすく、歯周病リスクが高まるそうです。

また、歯ぎしりは寝ている間に歯を揺らす為、歯と歯茎の境目が緩んで歯周病の進行しやすいそうです。

~歯周病の治療~

歯周病を専門とする専門医制度があり、歯周病専門医もいますが、 通常、歯周疾患は歯科医療の領域であり、歯科で治療となります。

そして、歯周病の治療は原因となっている歯周病菌を機械で取り除く原因除去療法が一般的です。

簡単にいえば、歯石を取り除くわけですが、歯周病が進行している場合、麻酔をしてから歯茎の少し深い位置にある歯石を取り除き、さらに歯石が付いていた根の表面を滑沢な面に仕上げたり、歯の周囲の歯茎を切開して、歯茎の奥の汚れを除去したりもします。

~歯周病の怖さ~

歯周病の怖さは、種類の異なる細菌が出す毒素が歯茎から体内に侵入していき、 心筋梗塞やパージャー病、肋間神経痛、三叉神経痛、糖尿病と密接な関係にあることが、ごく最近の研究で確認されたことにあります。

歯周病原因菌が血小板に入り込み血栓を作り易くなることによって、 心筋梗塞を引き起こしやすくなるそうです。




メールでお問い合わせはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • お問い合わせ

転載禁止のお願い

当サイト内の画像、及び文章の無断転載は、一切お断りいたします。
当サイト内には、本来、撮影禁止の場で有るモノ、或いは個人の方のご協力の下に掲載させていただいたいる画像が多数あります。
これらの画像の転載、二次使用、及び文章の転載は、硬くお断りいたします。
天知る、地知る、我知る、人知る、 無断転載等を発見した場合は、所属する協議会を通じ、然るべき対応を取らせて頂きます。

スポンサーリンク

Copyright © 小江戸川越もののふ庵 All Rights Reserved.
Powerd by WordPress & BizVektor for SOGOBU Theme by Vektor,Inc. technology.