小江戸川越発信!川越在住の管理人「もののふ庵」が、川越の魅力と世の中のいろいろ、そして大好きな革製品、ココマイスター等のレビューを綴ります。

便秘






お腹が張って辛い便秘。

私は旅先で確実に便秘になってしまいます。

また、山の神は慢性的な便秘で、何日か続くと、物凄く不機嫌になります。。。

そんな気持に影響を与える便秘を予防すべく、綴っていこうと思います。




便秘とは?

便秘とは、便の排泄が困難になっている消化器の状態のことです。

一般的には、目安とし、3日以上排便がない状態を便秘と言うそうです。

また、便が残っている感じ(残便感)がする、コロコロ便しか出ない、などの症状がある場合は、毎日排便があっても便秘といわれます。

逆に残便感がなく、バナナ状のよい便なら、排便が2~3日に1回でも便秘ではないそうです。

参考⇒便秘とは?

便秘の種類

便秘には、問題のある便秘と問題のない便秘があるそうです。

問題のある便秘は大腸で便の通りが悪くなる直腸性便秘で、腸機能が衰えているために起こる便秘です。

直腸の筋力が弱って自力で排便できなくなったり、最悪のケースで大腸ガン、直腸ガンの場合もあるそうです。

上記の物は原因のはっきりした便秘で、それに合った治療を受けられますが、原因のはっきりしない便秘は「常習性便秘」と呼ばれるそうです。

常習性便秘は二つあり、一つ目は「弛緩性便秘」で、 便がたまって大腸の筋肉がゆるみ、便を肛門まで運ぶ大腸のぜんどう運動が弱くなってしまうために起こる便秘だそうです。

もう一つは「痙攣性便秘」で、これは精神的ストレスなどにより自律神経が乱れ、 腸のぜんどう運動が強くなり、大腸の筋肉がけいれんを起こして細くなり、便が通りにくくなる便秘だそうです。

参考⇒便秘の種類に関する豆知識

便秘の治療

便秘の治療には、下剤により便の排泄を試みたり、早期の治療には浣腸もありますが、そういった状態が常態化すると、体がそれらの刺激で排泄をするのが当たり前になってしまい、それらを欠かすと更にひどい便秘になる場合もあるそうです。

ですので、頑張って食事や生活習慣で改善するのが一番です。

参考⇒便秘対策、便秘改善

便秘解消、予防に役立つ食べ物

有名な話ですが、食物繊維は柔らかく大きな大便を作るそうです。

ただ、食物繊維は、一度に大量摂取してもあまり意味がないそうです。

そして食物繊維には水溶性食物繊維、不溶性食物繊維の2種類の食物繊維があるそうです。

便秘にはこの2つの食物繊維を組み合わせて摂取するのが理想だそうです。

因みに水溶性食物繊維は海藻類、こんにゃく、果物に、不溶性食物繊維は野菜、穀類、豆類、イモ類に含まれるそうです。

また、乳酸菌は腸内の善玉菌のエサになり、悪玉菌を追い出して善玉菌を増やすという整腸作用があり、食物繊維と乳酸菌を組み合わせて摂取すると、便秘に効果的だそうです。

便秘と病気

便秘と思い込んでいたら実は腸閉塞だったというケースもあるそうです。

また慢性化した便秘で肛門に負担がかかり、それが原因で痔に、或いは便秘で大腸に負担をかけ続けると、大腸がんやポリープの原因になることもあるそうです。

なんによ便秘は言って見れば老廃物を体内にため込んでいる状態なので、長時間たつと腸内で腐敗が進みガスが充満して、おなかが張る、腹痛、などの症状を引き起こします。

参考⇒便秘になりやすい人




メールでお問い合わせはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • お問い合わせ

転載禁止のお願い

当サイト内の画像、及び文章の無断転載は、一切お断りいたします。
当サイト内には、本来、撮影禁止の場で有るモノ、或いは個人の方のご協力の下に掲載させていただいたいる画像が多数あります。
これらの画像の転載、二次使用、及び文章の転載は、硬くお断りいたします。
天知る、地知る、我知る、人知る、 無断転載等を発見した場合は、所属する協議会を通じ、然るべき対応を取らせて頂きます。

スポンサーリンク

Copyright © 小江戸川越もののふ庵 All Rights Reserved.
Powerd by WordPress & BizVektor for SOGOBU Theme by Vektor,Inc. technology.