小江戸川越発信!川越在住の管理人「もののふ庵」が、川越の魅力と世の中のいろいろ、そして大好きな革製品、ココマイスター等のレビューを綴ります。

冷え性






冷え症は体質、仕方がないと思っていたら、冷え症、体温が低いことで免疫力が下がったり、新陳代謝が悪くなったり、血液の流れが悪くなったりと、他の病気の原因となる事を知りました。

実は山の神が冷え性なのですが、時折、これ以上寒くなったら体調崩す!!等、弱音を履いています。

自衛の為に、山の神が体調崩さぬ為に、冷え症を学ぶべく女性の敵とも言える冷え性に関して綴ります。





冷え性の定義

冷え性の基準はあいまいで、 ほとんどは本人が「自分は冷え性だ」と自覚しているケースが多いそうです。

また、実際冷え性の定義は、はっきり決まってはいないとの事。

冷え性の人は血液のめぐりが悪くなっているので、 多くの場合血色が悪く、毛細血管が縮んでしまっていることが多いそうです。

そのため、冷え性の女性にはむくみ・月経痛・月経不順・不妊といった症状を抱えている人が多いそうです。

また、一口に冷え性と言っても、タイプがあり、全身冷えタイプ、全身の血行不良タイプ、下半身冷えタイプ、冷えのぼせタイプ、気冷えタイプ、水たまりタイプと大きく6通りに分けて考える事が出来ます。

参考⇒冷え性のタイプ

冷え性の原因

冷え性の原因は、一言でいえば血行不良と熱の産生不足だそうです。

クーラーや薄着など体を冷やす機会が多かったり、体を締め付けるものが多い服や下着などで血液の流れを妨げたり、体を冷やす食べ物を多く摂っていたり、運動不足や、誤ったダイエットで脂肪より先に筋肉が減っていたり、ハイヒールや悪い姿勢で骨盤がゆがみ血行が悪くなっていたりする事により、冷え性となる事が多々あるそうです。

冷え性は女性に多い

冷え症は圧倒的に女性に多い症状です。

これは女性の方が男性に比べて血管が細く血液の流れが滞りやすいため、手足まで充分な血流がいきわたらなくなりやすいためであったり、また、熱を作り出す元となる筋肉量が圧倒的に少ないため熱量不足になりやすく平熱も低くなりがちなためだそうです。

さらに女性の方が体温や血圧をコントロールしている自律神経のバランスを崩しやすく、また狭い骨盤の中に子宮や卵巣が収まっているため、女性の方が骨盤内の血流も悪くなりがちだそうです。

その他、運動の習慣がない人は心臓が血液を押し出す力が弱く血行が悪くなりやすいそうです。

また、締め付けのきついガードルやブラジャーも血行不良の原因となり、結果、冷え性の遠因となるそうです。

冷え性対策

冷え性の原因が解ってしまえば、対策としては生活習慣と食生活が一番な事、それで改善できる事が解ります。

体を温めるものは積極的に摂り、体を冷やす物は控える。

半身浴等で湯船にしっかり浸かり、適度な運動を行う。

薄着や素足を避け、冷房は控える。

そして適切な体重を保つ。

参考⇒冷え性 治し方に関する豆知識

冷え性に効く食生活

身体を冷やさない食生活を心がけましょう。

体を冷やす食べ物とは、物理的に冷たくて、暖かい地方でとれる物、例えばバナナなどです。

この他、夏に取れる野菜、トマトやキュウリも体を冷やしやすいです。

そして、冷え性に良い体を温める食べ物とは、物理的に温かく、寒い地方でとれる物、玉ねぎなどです。

また、血行促進効果のあるビタミンEをたっぷり摂る事も、冷え性対策への効果が期待できます。

参考⇒冷え性改善

冷え性対策の日常でのポイント

冷え性対策として、とにかく身体を冷やさない服装を心がけましょう。

手足を暖めるのは勿論として、熱が逃げていきやすい首周りも暖かくするようにしましょう。

因みに冷え性の山の神は、冷え性対策として、靴の中にリンゴを包む物を敷き、家の中ではルームブーツを喜んで愛用しています。

参考⇒冷え性にルームブーツ冷え性対策学概論

靴

>>あったかダウンルームブーツ




メールでお問い合わせはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • お問い合わせ

転載禁止のお願い

当サイト内の画像、及び文章の無断転載は、一切お断りいたします。
当サイト内には、本来、撮影禁止の場で有るモノ、或いは個人の方のご協力の下に掲載させていただいたいる画像が多数あります。
これらの画像の転載、二次使用、及び文章の転載は、硬くお断りいたします。
天知る、地知る、我知る、人知る、 無断転載等を発見した場合は、所属する協議会を通じ、然るべき対応を取らせて頂きます。

スポンサーリンク

Copyright © 小江戸川越もののふ庵 All Rights Reserved.
Powerd by WordPress & BizVektor for SOGOBU Theme by Vektor,Inc. technology.