小江戸川越発信!川越在住の管理人「もののふ庵」が、川越の魅力と世の中のいろいろ、そして大好きな革製品、ココマイスター等のレビューを綴ります。

花粉症






花粉症に一年を通して悩まされている人が増えています。




花粉症と言えば、「スギ花粉症」という言葉に代名される様、一昔前は春先の症状でした。

近年は春のスギ花粉だけでなく、夏のブタクサ花粉、秋のイネ花粉でも発症するように・・・。

そして、花粉症の為に鼻が気になって眠れない、或いは集中できないというのは、恐らく花粉症・アレルギー性鼻炎で悩む人は皆さん経験なさっている事でしょう。

花粉症の辛さは、花粉症を経験した人でないと解らないかもしれません。

私も花粉症の時期は毎日ティッシュを箱で持ち歩くほどでした。

参考⇒アレルギー性鼻炎の原因と季節

更に、花粉症に季節が終わった後も鼻がおかしいと思ったら、副鼻腔炎(蓄膿症)になっていた事もありました。

毎年花粉症になる時期、鼻水鼻づまりで悩む季節は把握していますので、きちんと対策することで症状をかなり軽減できる事も解ってきました。

ここではこれまでの経験を纏めたうえで、花粉症の最新情報、対策を中心に書いていこうと思います。




花粉症とは?

花粉症とは、花粉によって引き起こされるアレルギー性鼻炎やアレルギー性結膜炎などの症状、病気で、国民の20%以上に見られるそうです。

花粉症のメカニズムはアレルギーと同じで、簡単にいえば花粉というアレルゲンが体内に入る事により、鼻や目の粘膜、血管に作用し、涙や鼻水が出てきます。

参考⇒花粉症はどうして起こるか?

また、粘膜の浮腫が出てくると、鼻づまりになります。

アレルギーと違って眼と鼻に症状が集中する理由は、目や鼻に花粉が直接接する為です。

参考⇒アレルギー性鼻炎の三大症状

一口に花粉症と言っても、症状は様々ですが、鼻水を止めるには薬しかありません。

私はここ数年、花粉症対策とし、年明け元旦から市販薬を飲みはじめます。

アレルギー性鼻炎薬

一月から市販薬を服用すれば、私の花粉症は抑えられます。

私はストナリニという市販薬を使っていますが、市販薬を買う際には、薬剤師さんに症状を話、商品を勧めてもらう方が良いでしょう。

花粉症の市販薬も沢山出ていますが、本当は一番良いのはお医者さまに診断してもらい、処方して頂いた薬だと思います。

また、鼻の中の粘膜をレーザーで焼き取るレーザー手術もあります。

或いは反応を弱く出るようにしたアレルギー源を少しずつ注射して、徐々に体を慣らすという治療法もありますが、最低でも1年~2年かかります。

そして、花粉症の人の9割近くが、花粉症時期はそうでない時期と比べて寝つきが悪くなる、あるいは眠りが浅くなる、と感じているそうです。

対策としては、仰向けでなく、横向きやうつ伏せで寝ると、鼻づまりが軽くなって眠りやすくなるそうです。

また、お風呂に長く入ると、寝つきが良くなる事が期待できるそうです。

鼻詰まりの為には、詰まった鼻腔を広げるための鼻拡張テープなどもあります。

参考⇒アレルギー性鼻炎対策

また、花粉症対策品として、次の様な物が有ります。

花粉用マスク

普通のマスクより密着性を高めて花粉を入りにくくしたのが発売されてます。

鼻クリーム

鼻の中に保護する膜を作って、花粉やホコリなどをキャッチするクリームがあります。

花粉防止スプレー

服にする物や髪にする物など様々な物が発売されています。

鼻洗浄機、鼻洗浄スプレー

鼻を洗い、花粉を流して症状を緩和させる物です。

花粉防止眼鏡、ゴーグル

上下や横から花粉が入らないタイプのものは発売されてます。

洗眼薬

花粉を洗い流すもので、なるべく防腐剤の入って無い物のほうが良いです。

参考⇒アレルギー性鼻炎の問題点

参考⇒花粉性結膜炎

参考⇒花粉症の検査




メールでお問い合わせはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • お問い合わせ

転載禁止のお願い

当サイト内の画像、及び文章の無断転載は、一切お断りいたします。
当サイト内には、本来、撮影禁止の場で有るモノ、或いは個人の方のご協力の下に掲載させていただいたいる画像が多数あります。
これらの画像の転載、二次使用、及び文章の転載は、硬くお断りいたします。
天知る、地知る、我知る、人知る、 無断転載等を発見した場合は、所属する協議会を通じ、然るべき対応を取らせて頂きます。

スポンサーリンク

Copyright © 小江戸川越もののふ庵 All Rights Reserved.
Powerd by WordPress & BizVektor for SOGOBU Theme by Vektor,Inc. technology.