小江戸川越発信!川越在住の管理人「もののふ庵」が、川越の魅力と世の中のいろいろ、そして大好きな革製品、ココマイスター等のレビューを綴ります。

副鼻腔炎(蓄膿症)






副鼻腔炎という病名を、皆さんはご存知でしょうか?

副鼻腔炎(蓄膿症)は、少し前までは蓄膿症と呼ばれていた疾患です。

私は以前、花粉症の時期が過ぎても鼻水が止まらないと思っていたら、副鼻腔炎と診断されました。

恥ずかしながら当時の私、この副鼻腔炎という病気、知りませんでした。

そこで、健康の為、副鼻腔炎について勉強し、綴っていこうと思います。

参考⇒急性副鼻腔炎とは急性副鼻腔炎の診断と治療




副鼻腔炎(蓄膿症)とは?

副鼻腔炎(慢性の副鼻腔炎の通称、俗称は蓄膿症)は、副鼻腔(本来空気が入っている顔の骨の空洞の部分)に膿や鼻水などの液体が溜まり炎症がおきる病気の事です。

更に詳しく⇒慢性副鼻腔炎とは?

副鼻腔炎の症状としては、鼻づまり、膿性鼻汁(鼻水が濁っている)、後鼻漏(鼻水が鼻からのどに落ちる)、頭痛などがあります。

副鼻腔炎は自然治癒が可能だそうです。

その為には副鼻腔に鼻水をためないことが重要で、鼻をきちんとかむ事、鼻をすするのを止める事が大事になります。

とはいえ、一番確実なのはお医者様に行く事。

参考⇒副鼻腔炎の診察

耳鼻科での副鼻腔炎の治療は、鼻、副鼻腔の洗浄、吸引を行ったりします。

また、鼻水を抑える薬、鼻水を出しやすくする薬や抗生物質を使用することがあります。

もし薬、抗生物質治療が、あまり有効でない場合は手術をする場合があるそうですが、最近は手術自体も鼻から内視鏡を使ってだそうです。




メールでお問い合わせはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • お問い合わせ

転載禁止のお願い

当サイト内の画像、及び文章の無断転載は、一切お断りいたします。
当サイト内には、本来、撮影禁止の場で有るモノ、或いは個人の方のご協力の下に掲載させていただいたいる画像が多数あります。
これらの画像の転載、二次使用、及び文章の転載は、硬くお断りいたします。
天知る、地知る、我知る、人知る、 無断転載等を発見した場合は、所属する協議会を通じ、然るべき対応を取らせて頂きます。

スポンサーリンク

Copyright © 小江戸川越もののふ庵 All Rights Reserved.
Powerd by WordPress & BizVektor for SOGOBU Theme by Vektor,Inc. technology.