小江戸川越発信!川越在住の管理人「もののふ庵」が、川越の魅力と世の中のいろいろ、そして大好きな革製品、ココマイスター等のレビューを綴ります。

川越酉の市




日本の年末の風物詩と言えば、酉の市。




川越では毎年12月3日は、川越熊野神社で酉の市が行われます。

川越酉の市は、熊野神社境内の末社、大鷲神社の例大祭となります。

大正11年より始まった川越酉の市。

酉の市の多くは、11月の酉の日に行われる事が多いのですが、川越では12月3日と決まっています。

12月3日の理由は諸説あるようですが、12月3日に秩父夜祭が有り、そちらに人を取られる事を懸念したという説が有力なようです。

この日は境内の神楽殿で様々な出し物が上演されます。

また、山車の上でもお囃子もあり、毎年5万人前後の人出があります。

地元では「お酉様」と呼ばれ親しまれています。

そして、酉の市と言えば何と言っても熊手!!

一本千円の熊手から、一本数十万円の熊手までが三本締めと共に販売されます。




メールでお問い合わせはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • お問い合わせ

転載禁止のお願い

当サイト内の画像、及び文章の無断転載は、一切お断りいたします。
当サイト内には、本来、撮影禁止の場で有るモノ、或いは個人の方のご協力の下に掲載させていただいたいる画像が多数あります。
これらの画像の転載、二次使用、及び文章の転載は、硬くお断りいたします。
天知る、地知る、我知る、人知る、 無断転載等を発見した場合は、所属する協議会を通じ、然るべき対応を取らせて頂きます。

スポンサーリンク

Copyright © 小江戸川越もののふ庵 All Rights Reserved.
Powerd by WordPress & BizVektor for SOGOBU Theme by Vektor,Inc. technology.